令和元年度 受賞取組紹介

得票数

214

奨励賞

エントリーNo.1

黄金の島再生プロジェクト

実施主体:一般社団法人とびしま柑橘倶楽部

かつて日本一の収穫量を誇った120年以上の
歴史ある島の伝統産業の再生を目指す。

柑橘栽培120年以上の歴史とかつて日本一の収穫量を誇った「黄金の島」を規格外柑橘(特にレモン)の6次産業化や農業の機械化・IT化により再生をめざす「黄金の島再生プロジェクト」。

生産量を上げるため農家数の増加と生産効率アップを目指し、企業・団体・学生・地域・農家の連携による農業の機械化・IT化を進めるとともに、新規就農希望者が柑橘栽培で安定的に収入を得られる仕組みの構築を進めています。

取組により、農家からの買取量・価格の増加、耕作放棄地再生など「黄金の島」の再生に向かって成果が生まれています。

活用する里山の資源

120年以上の歴史があり、かつて日本一の収穫量を誇った重要な伝統産業。

取組が生み出したサービス・人の流れ

6次産業化による農家からの買い取り量
   :レモン100トン(令和元年度見込み)
農園視察及び耕作放棄地再生への
   参加人数・交流人口:550人
賛同会員及びレモン納品農家:50軒

この取組への応援メッセージ

まえばちゃん様より
数年前に島におじゃましお話を聞かせていただいた際、はっきりと「黄金の島」のイメージが浮かんだことが記憶にあります。身近にあり「当たり前」だと思っていた資源をどうしていきたいか、未来に向けとても前向きで情熱のある取り組みだと思います。
Nabeさん様より
立地条件が 不利なそれぞれの島に少しでも 活気とこの活動を通じてここに住んで良かったと思える様に頑張って下さい。
takeru様より
とびしまの取り組みは注目しています。島嶼部の限られた資源を見つめ直して、新しい可能性を多角的に模索し、しっかりと結果につなげておられると思います。他の島々に勇気と希望を与えてください!
むーさん様より
石垣を維持したり、いのしし対策など大変だとは思いますが、頑張って下さいね✨