トピックス

どんぐり

頑張れ!竹藪の持ち主は高齢化しています。放置する意識はなくとも手入れは困難になっており、この活動はその状況を助けてくれるものだと思います。
竹藪の利用が、日本文化の一つとして育って行きますように、応援します